頭痛、肩こり、腰痛など、いわゆる血行障害に悩んでいる日本人はとても多いそうです。

人は睡眠時に、その日の疲れを癒やし、翌日のための元気を取り戻すという仕組みになっているわけですが、そもそも睡眠の質が悪ければ、疲労回復ができません。



「寝ても寝ても、疲れが残ってる・・・」



こういった悩みのある人は、おそらく睡眠の質が悪く、そのため血行障害が起きて頭痛や肩こりなどが慢性的に起きるわけです。

これを解消させるためには、やはり睡眠の質を上げるしかありません。

塩まくらを使用することで頭部の血行が促進されます。頭寒足熱健康法塩まくら・塩枕35X50cm日本製



”頭寒足熱”という健康法は、日本人ならおそらく一度は耳にしたことがあると思います。

元々はオランダの医師が説いた健康法だそうで、読んで字のごとく、頭を冷やし足を温める方法です。


1日活動すると、足の方へ疲労物質の多い血液が貯まりますから、足を温めることで温かい血液が頭の方へめぐり、頭で冷やされた血液が再び足元へ、その繰り返しによって本来持っている自然治癒力が活性化し、老廃物を体外へ排出しやすくする、という理論です。


また、脳は高温になるほど働きが鈍くなることはよく知られていますね。


何か失敗とか、理にかなわない事をしようとすると、

「頭を冷やして出直して来い!」

なんて言われることがありますが、あれも頭の温度が上がったためにボーッとしてしまい、失敗をやらかしてしまった事に対し、頭の温度を下げて冷静に考えてからアイデアを持ってこい、という事なのかもしれませんね。


起きている時に頭を冷やすタイミングは難しいですが、何もしていない寝ている時に頭寒足熱が実行できれば、これほど効果的な健康法はないでしょう。


寝ている間に頭寒足熱を効果的に行う方法として、今、塩枕を使った健康法が注目されています。


 カテゴリ