白い歯にあこがれる人って多いですよね?
笑顔になった時、白い歯を見せることができれば、今よりたくさん笑えますし。

悲しいかな日本人は遺伝的に、歯が黄色いのが現実です。

でも、今よりは白い歯になれる方法があります。

それが「白い歯革命」





白い歯革命って?

最初に言っておきますが、白い歯革命を使っても、あなたの歯の元の色よりも白くはなりません。

白い歯革命は、今現在のあなたの歯の表面にこびりついて、黄味っぽい色の原因となっている”汚れ”を、特殊な薬剤で浮かして取ってしまおう、というものです。

ですから、歯医者で行う”ホワイトニング”とは全く別の方法なのです。



効果がある人とない人の差は?

白い歯革命を使って、効果がある人とない人がいます。

効果がある人は、コーヒー・お茶・タバコ・ワインなどを好む人のようです。

色素が多い飲み物などを1日に何杯も飲んでいると、歯のエナメル質に付着して、それが定着してしまうので歯が黄色くなるというわけですね。

このような人が白い歯革命を使うと、今よりも確実に本来の自分の歯の色に近くなるため、「歯が白くなった」と感じる事ができるでしょう。

逆に、歯に汚れが定着していない人が、芸能人のような白い歯にあこがれて使ったとしても、効果がほとんどないのでがっかりするだけだと思います。



白い歯革命の使い方は?

1本のペンの両側に、効果の違う液体の溶剤がセットされています。
(step1、step2と書いてあるので順番を間違えないように)

1で、歯の表面に片方の薬剤を塗って、汚れに吸着させる
2で、もう片方のペンで上塗りし、汚れを浮かせる
あとは少し待って、溶剤が乾燥したら、歯磨きするだけ

以上、とても簡単ですが、簡単ゆえ効果もそれなりだと思います。

芸能人のような真っ白な歯を求めるなら、歯医者さんでホワイトニングしてもらうほうが確実です。




メリット・デメリットは?

まずメリットですが、通常の歯磨きでは取れない、こびりついた歯の汚れを取り、あなたの歯本来の色に戻すことが家でできちゃう、しかも安価にというところでしょうか。

歯医者さんが行うクリーニングのようなものですが、歯医者さんまで出向かなくても良いという時間的、場所的なメリットは大きいですね。


デメリットとしては、漂白剤として使われている【亜塩素酸ナトリウム】は、危険性がゼロではありません。

とはいえ、食品添加物としても使われているので、重篤な危険を誘発するものではありませんが、使用量には法律的に制限があり、白い歯革命にも制限内の含有量しか入っていません。

ちなみに歯医者さんでホワイトニングに使われるのは【過酸化水素】で、こちらは漂白剤としての効果も高いのですが、当然国家試験をパスした歯医者さんしか扱えません。

それに比べると、毒性があるのにホワイトニングほどの効果がない【亜塩素酸ナトリウム】は、値段なりの効果しか発揮できないと言えます。

したがって、あなたが白い歯革命でそれなりの効果を得ようと思ったら、最低でも2週間くらいは使い続けてみる事と、着色効果のある飲料やタバコを控える、といった努力も必要かもしれません。










 関連記事
 カテゴリ